専業主婦ですがキャッシングできますか?

消費者金融って、どうしても男性サラリーマン向けのイメージがあるのだけれど、専業主婦の私でも借りることができますか?

専業主婦で収入がない場合

収入がない場合でも策はあります

収入がない場合、あまり借入はオススメできませんが・・・

専業主婦の方でも一定の収入があれば、キャッシングでの借入は問題なくできます。
その借入ができる金額については、収入の1/3と法律で決められているので、収入が少ないとあまり多くは借りられませんが、それでも万一のことを考えるとありがたいですよね。

でも、問題は、専業主婦で個人としての収入がない場合です。
こうした場合は基本的にはキャッシングのサービスを受けることはできません。
できれば、少額でもご自分で一定の収入を作るようにしてから申し込んだほうがいいと思います。
無理に借りようとするのはあまりおすすめは出来ません。

とはいえ、どうしても働くことができずに、でもキャッシングが必要・・・という局面にある人もいると思います。
そういう人は全く同しようもないのかといえば、手段がないわけではありません。
それは、「配偶者貸付」という方法です。

収入がなくても借入をする秘策はあります

この配偶者貸付という制度、もし女性のほうが無収入であっても、結婚している男性が一定の収入を得ている場合は、配偶者の借金への同意書と結婚していることを証明する書類を提出することで、奥さん名義のキャッシングカードを入手することが可能、というものです。
これは、旦那さんが奥さんの借入に同意していることが前提条件となるため、旦那さんには内緒で・・・ということは不可能です。
この配偶者貸付の制度を利用すれば、夫婦の収入の1/3まで借入金額を設定してもらうことは可能です。

ただ、この配偶者貸付の制度を行なっている金融機関はそう多くないのが現状です。
どうしてもこの制度を利用したいということであれば、対応している金融機関を調べてみてください。

もう一つの策は・・・

消費者金融だと思っていたらそうではなかったレイク

専業主婦で収入がない場合に借入をしたいという時に、もうひとつの策があります。
それは、「銀行が直接取り扱っているキャッシングサービス」を狙う、ということです。

例えばプロミスなどは三井住友銀行系列の金融機関ですが、三井住友銀行が直接行なっているわけではありません。
しかし、中には銀行が直接行なっているキャッシングサービスもあります。
そのいい例が新生銀行の「レイク」。
レイクはプロミスやアコム、モビットなどと同列に思われていますが、実は新生銀行が直接行なっているキャッシングサービス。
ですから、総量規制対象外なのです。
つまり、無収入でも借入ができる、ということになります。

ただし、だからといってすぐにお金を借りられるわけではありません。
きちんとした審査が待っています。
審査の際に、奥さんが無収入で、旦那さんがそれをカバーするだけの収入がない場合は、残念ながら審査に落ちてしまう可能性が高いです。
そんなに甘くはないです。
ですが、どうしても奥さん名義でキャッシングをしなければならない!という時は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2014 ©専業主婦ですがキャッシングできますか?all rights reserved.